ブログトップ

たましふる大峯~神崎士郎 なっしょのないしょ~

tamashiful.exblog.jp

一年の半分を奈良の世界遺産大峯山頂宿坊で暮らす写真家神崎士郎が綴る日々のあれこれ。見たこと見ないこと……。

こっち向いて、むこうくん。

d0253268_16394444.jpg

むこうくんは毎年、夏の終わり頃、登って来る、いつも夜が下りてくる手前の刻限に。落ち着いて見えるのにあわてている、そんな風だ。
出会ったのは岩の上、だったような気がする。その時は彼は山の他の宿坊に泊まっていた。夕焼けの時間に何となく話しかけたのだ…いや、違う。山の老人に紹介されたのだったか…。たそかれ時のように記憶はあいまいだ。来年会ったら、確認してみよう。彼はきっと覚えてくれているから。
彼は大峯奧駈道を何度かに分けて所々歩いていて 、その話から察する限りは、タフで、安定した物の捉え方を備えているように思える。
夜の山中の山小屋で剣法の修行者と出会したり、里で不思議な現象を体感しても、見える世界見えない世界を同等の視点で自然に認識しているようなところがある。安心感を与えてくれるというか。
なんかぼくとは縁があったのか、当時の彼はO県O市のO大に通っていた。現在は農業を営んでいて、地質学を学んだ。それは土壌研究の為というのではなく、地学には天文学が含まれていると思って、その学部を選んだそうな。でも残念ながら宛ははずれてしまったのだ。そういうわけで彼は鉱物には詳しい。
この大峯山系は歴史的に見て鉱物資源が豊富で、金・銀・磁鉄鋼・水銀・水晶等の鉱床が在ったと言われている。たまたまざくろ石の微粒の欠片をぼくが持っていたので、話は石から宮澤賢治へとおよんだ。賢治の言葉には鉱物の名前が時空を越えて至るところに散りばめられているから。そう言えば賢治は「石っこ賢さん」と呼ばれる位、鉱物好きだったのだ。…うん、むこうくんの中にはちょっぴり宮澤賢治が入っているな、と気づいたね。
[PR]
by tamashifull | 2012-09-19 16:39